ご近所さんを探せ!

twitterを積極的には使っていない。一応このブログこのエントリをtwitterに上げてはいるがそれも惰性、だいぶ昔に職場友達が旦那の転勤で職場を去るので、twitterで今後もお喋りしましょうとなったが、まあそれも過去のこと。でもってtwitter最新エントリをスマホで確認するとその下あたりに「ペアーズ」だっけか出会い系の広告がほぼ毎日乗っかっていたけど、昨日か「ペアーズ」に変ってホモ出会い系の広告に変った。

まったく出会い系クリックしないわたしなもので、さてはLGBTの人だとtwitterに誤解されてしまったようだ。わたしはLGBTの人に偏見はないけどホモの人に言い寄られたくは決してない。あまり強く激しく拒否るのもよろしくないかもしれぬが、やっぱりヘテロな人はけっこうなブスでも許容範囲ですか。

美少年だったらどうかって、そういう経験ないけどブラッサンスのゴリラみたいなシチュエーションでは(動画探したが著作権関連で聞けないです)そういう選択をするかもねくらいな確率です。

f:id:kotiqsai:20200729130327j:plain

twitterの広告拒否できるの?有料?困ったものだ

出会いはないなあ、出会いも人づきあいも面倒に感じてしまい、受動的な生き方しかできない。自治会の役員とか先方から依頼されたならやらんでもないが、自分から挙手するってことはないだろ、恋愛でなくても友達作るのもおんなじ。来るものは拒まないがまあ誰も来ないし、そんな状況を甘受します。

出会い系関連で思い出したのが「ご近所さんを探せ!」で、ナンパはしなかったが15年ほど昔に無聊を慰めてもらった。サービスはとっくに終わっていたようです。

www.gokinjo.net